安達 可奈(あだち かな)

副代表

演出・脚本・役者

・生年月日 1986年4月13日

・身長 152cm

・趣味/特技 イラストを描く 散歩

・安達可奈の写真 

・経歴

北海道函館市生まれ。

ENBUゼミナール2011春期演劇コース卒業後、6年間東京で舞台を中心に活動。

自身の作品を上演する個人ユニット「ビッケの一派」を旗揚げする。

また俳優として「中野坂上デーモンズの憂鬱」の舞台に数多く参加。

劇作家としてはソリッドさと慈悲、毒とおかしみを一つの皿にのせて献上する作風。

コントも書く。

2017年に函館に帰郷。

函館の市民演劇、ラジオドラマ脚本などに関わり始める。

【出演作品】

2010年 消極的ゲルニカ「イッソ オート」

2011年 ENBUゼミナール中間公演「わたし、カット、アウト」

        作・演出 谷賢一(DULL-COLORED POP)

2012年 ENBUゼミナール卒業公演「青春残酷短編集」

        作・演出 福原充則(ピチチ5)

 モロモロプロデュースvol.3「42分堕ちたら地球の裏側です。」

2014年 中野坂上デーモンズの憂鬱第三回公演 

  「デーモンクエスト3〜白き幻のワンダーランドと血吸い呪われた紅のヴァイブ」

        作・演出 松森モヘー

はたれい研究所 「椅子を直した場所で」 作・演出 砂山イサヲ

中野坂上デーモンズの憂鬱第四回公演 「サヨちゃんとウヨくん、愛の所在地。」 作・演出 松森モヘー

2015年 中野坂上デーモンズの憂鬱第五回本公演 「六月の家族。」 作・演出 松森モヘー

中野坂上デーモンズの憂鬱第六回本公演 「不在の豊穣。〜イカの自慰行為vs鳩の合コン〜」 作・演出 松森モヘ

2016年 中野坂上デーモンズの憂鬱第七回本公演 「青い稲妻。〜ゆるやかなパラノイア〜」 作・演出 松森モヘー

中野坂上デーモンズの憂鬱第九回本公演 「意味の誕生。」 作・演出 松森モヘー

2017年 「安達祭」 構成 松森モヘー

 中野坂上デーモンズの憂鬱第十回 「園っ、」 作・演出 松森モヘー

【映像/web】 

Yahoo!知恵袋再現ドラマ「レオパレスの隣人について…」

2020年 だいたい企画×函館コジラセ娘。合同企画 だいたい娘。オンライン迷作劇場「干支のお話」
     だいたい企画×函館コジラセ娘。合同企画 だいたい娘。オンラインホラー劇場

     だいたい企画 一周年記念企画 朗読配信公演「驟雨」

【作・演出・出演】

2008年 空間創作人ぶんちょう番外公演 「ばりばりがっしゃん」

2013年 企画公演「ココロミの種」ビッケの一派「イヤミンイヤミン」

2015年 ビッケの一派第一回本公演 「床の味」

2018年 劇団G⁴TUNE公演 「Come And Go!」

2019年 だいたい企画旗揚げ公演「或る猫好きのモノローグ」「ヤミーヤミー」「プリンセスパーティー」

・ひとこと

脱ペーパードライバーを目指しています。

タイトルとURLをコピーしました